2008年06月30日

缶詰に対するroman

記事タイトルと全く関係neeけど
丸ぼうろマジumeeeeeeeeee

※煙草の銘柄ではありません

調べてみると素朴な味とか懐かしい味とかなんとかそんな古めかしい常套句の感想しかなかったんですが、そんな単語では丸ぼうろの真価は語れないと思いますよ?そう、俺的に丸ぼうろの味を言葉にするならば

『カステラの耳味+カニパンのふんわり』

だね。なにこのいいとこ取り、ヤベエ
つうかこれ、九州の銘菓らしいですね
俺が買ったのは100円のでしたけど。
何か、鈴カステラより甘くなくて歯ごたえがあっていい感じ。そんなにスポンジ状じゃないから(ぬれせんに近い感じ?)お茶にもジュースにも合う。多分酒にも合う。スゲエ
きっと数十年後、俺が家を持った暁には卓袱台の上の菓子盆には『丸ぼうろ』が乗ることでしょう。

俺が同人家業に手を出した時の差し入れは『丸ぼうろ』で。お菓子にもご飯にもなる『丸ぼうろ』で。そう考えると蜂蜜ってマジ偉大。

あと、これはタイトルと関係あるんですが、缶詰ってromanありますよね。
さっき丸ぼうろ買ったスーパーで三十分位缶詰コーナーの前でずっと缶詰見ながら考えごとしていました。デザイン、用途、存在意義、機能。特に用途と存在意義について多大なるromanがあると思ったり。何故あんなに高いのかとか、どうしてこんなに山積みなのかとか、こんなのを買う人はやっぱり居るんだろうけどどんな人なのかとか関税の関係とかメリットとか使い勝手とか他の食品群との違いとか比べてみると妄想がとまりません。夢が詰まってるね。ちなみにその夢のきっかけとなったのが『スパムミート(厚切りハム)/一缶600円』だったりするんですが、生肉関係を缶詰にするってよく考えればそれだけでroman溢れるな…

妄想する際に、日本の土地柄だけで妄想してはいけないです。缶詰というものは輸出入可能なものであるのですから(そもそもスパムミート自体が輸入品)、外国の場合とか外国の食文化のことも考えて妄想しなければならないです。皆どうして缶詰sugeeeかもと思わないんだろう。分かりづらいなら『酒屋』で酒について妄想してみればいいと思う。デザイン、存在意義、(酒瓶の)機能という面に於いてそれは缶詰とよく似た妄想が出来るからである。あと勿論保存がきくから。
同じ場所に何年も存在する事が出来て何年もその場所に存在していたかもしれないロマンを考えてみれば良いと思うよ
posted by Pin-key at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

地霊殿その後

値カフェ逝ってきたよ!

パッド貸し有り店で助かったぜ…
てな訳で地霊殿playしてきました。

感想:

三面クリアできねぇ(^q^)

しゃーないんでイージーでplayしまくってきました。今回BGMがかなりノスタルジックだと思います。えぇ、日本文化的に。
前回の風神録が『信仰』を対象とした『村』の郷愁だとしたならば、今回の地霊殿の曲は 『昭和』を思い起こさせる『街』の哀愁というんですかね。よくわかりませんが。

しかしながら今回は弾幕のエグさ(主にアイテム回収させる気が全くないだろう?的な意味で)もさることながら、台詞回しが秀逸でした。
要所要所で入る台詞が、すごく格好良い!台詞入った直後にBGM変調があったり、ここぞという場面でこの台詞がきたり…物語とBGM、弾幕この三つがあって初めての『東方』だと、つくづく思い知らされますた。

いやあ…もちろん物語に隠しつつも微かに匂わせる程度のキャラ立てもしてありましたよ。文装備でのストーリーには含み笑いさせて頂きました。

う〜ん…PC欲しいなぁ…もう一度三面やりたい……

あっあと今回は霊夢より魔理沙の方が強いきがする(ry

今回の地霊殿、キャラクターが既存のキャラに与える物語的な素質はかなり大きいんじゃないかと思う。この、同人制作者の側にいない自分でさえキャラと設定見た途端大量の物語が浮かんだんだから、クリエイター側の人ならば尚更だと思う。

特に某鬼の過去は、過去の同人にも多大な影響を与える気がする。

取り敢えず魔理沙ルートもあとでプレイしてきたいなぁ…(アリス装備のみ体験)

あっ、あとアリスの口調がクールで俺的に好印象
posted by Pin-key at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | fuN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地霊殿

キャラ☆メルげっとしたけどパッドがねえええええええええええええ

どうしてくれる!あってかPCもねぇや

しょうがねぇ、パッド設置の値カフェいくか…
posted by Pin-key at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | zaT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

私は悟った

私にとって

基準となる零地点である現実とは

この世界ではなく闇の事であり

瞼を閉じたその闇こそが

私の最も落ち着く原初なのだと


空が明るいのに違和感を感じる

真っ暗な部屋で寝そべって初めて

此処こそ現実なのだと思えるのだ

人や社会やそれらが除外され初めて

自分は自分の基準に会えるのだ

落ち着けるのだ


嗚呼ねがわくば

真綿の敷かれた大きな箱がほしい

その中で眠り、忘れ去られよう

時間を忘れ、時間に忘れ去られよう

一人世界からズレて

別の世界へ渡ろう


物置の中眠る掛け軸は素晴らしく幸福だ


posted by Pin-key at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

ドラクエ4

終わってました。まぁ三日前ほどに

いやぁおじちゃん年甲斐もなく
ハッスルしちゃったよ一週間毎晩毎晩

やっぱりあの会話とかヤバいですね
同人とかも調べてみましたが
結構色々あったみたいで…

そりゃあそこまで皆キャラが立ってて、絡みとかもあれば話つくりたくもなるよなぁ…

ロザリー×ピサロとか不覚にも萌えた

あとあの姉妹とか。
姉は絶対内面少女。たまらねぇ。
あの言動と体つきで乙女ってどうよ?
ヤバくね?妹のは薄幸毒舌だし……

もうね、勇者とか紙ですわマジ

勇者は黙ってG・ピサロに土下座

ところでモンス図鑑って何だろうね
posted by Pin-key at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | zaT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

ペプシ新作

ブルー・ハワイ味

想像を絶するマズさ


キューカンバー味とか目じゃねぇ


一口目でマジで臨界越えた

posted by Pin-key at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | zaT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

DQ●やべぇ

DQ4やべぇマジおもしれぇ……

こういうのもなんですが生まれて初めてドラクエをやったんですよ自分(マジ
しかしながらドラクエが神ゲー扱いされる理由が分かった気がする…

ゲームシステム云々よりキャラの会話に自分はハマりましたな。あの姉妹の掛け合い…たまらねぇ……
全体的に全部のキャラの立たせ具合が半端なかったです。痒い所に…的な。ほう!やりおるなお主!的な(伝わり辛いけど自己補完で宜しく)

お気に入りのキャラは断然トルネコですね。なにあの超人。
不細工面で夢見がちな下腹部ファットのブ男(しかも本人ですら自虐してる)なのに、可愛い若妻がいてしかも子持ちという…
しかしそんな外見とは裏腹に戦闘では、突然子守歌歌いはじめて敵に睡眠かけるわ大声出してすくみ状態誘発するやら指くるくる〜で混乱やら足払いかけて数ターン行動不能にするやら……超フリーダムに人間離れした行動を見せてくれます(指示オートです)。最早モンスター顔負けの万能性です。天才です。ありゃあ嫁さんもほれるわ…人を 越えて い    る

下働きから店構えてトンネル掘って大型船までかうしね。商人としても大成功して天才。モンスター達が起こす異変にも単騎で乗り込んでいって解決しようとする。
女物の衣服を鑑定させると『むほっ!』やら『こここここれわあああ…あわわわわ』やら…
そんな度を超えた阿呆天才の放った一番お気に入りの台詞。泥棒の濡れ衣を着せられたパーティー達が、城の兵士に捕まり、代表として一人がぶち込まれた(ランダム)ときの台詞

トルネコ『ええ、やっぱりというか。私が選ばれると想ってましたよ…』
達観しておられる。


ちなみに好きな魔法はバギクロスです。アニメ版と違うんだなぁ…あのエロターバン大好きでした。知っている人いるかなぁ?
posted by Pin-key at 21:58| Comment(12) | TrackBack(0) | zaT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

その2

080602_0650~0001.jpg『幻想天舞』のレビュー続きです。
画像はジャケ裏。東方に逢う以前から植田さんの絵が好きだった自分には植田さんが描いたアリスというのはもうね、筆舌に尽くしがたいというか何というか。というか植田氏も結構塗りが変わってきたように思えます。まず塗りが厚くなった。そして光のレイヤーをいれるようになった。以前は単色のイメージがあったんですがね。パステル調の淡い色合いはそのままに、より強い塗りになった気がします。
隣のは今回の例大限定特典であるポスターです。ジャケ絵とは違う絵柄の文と椛の二枚組ポスター。わざわざ俺の分まで買ってきてくれたT先輩に心からの感謝を。

tr.9 ヒロシゲアレンジは和風な感じでした。ううむ…tr.11のネイティブフェイスのアレンジとtr.12少女綺想アレンジの衝撃が強すぎてそれ以上の感想が…多分初聴だからだろうけど。

ネイティブフェイスのボーカルアレンジは、いきなり盛り上がるのがやばい。これも英詞から始まる。うん、なかなか。トランス風かな?やっぱり一切の違和感、バランスの悪さがないところがC-CLAYSのクオリティの高さの現れなんじゃないかと思う。歌い手にパワーがあるから、ケロちゃんっぽくないけどね。最初からそれに主点を置いてないだろうからそれは気にならないところです。

少女綺想アレンジの方はトランスだったね、イントロのフレーズがいい感じ。原版を補完、強化しつつスピードを上げたって風かな。綺想フレーズ(ピコピコしてるアレ)が損なわれていないのがいい。

tr.13不死の煙アレンジ。あそこの発狂フレーズ(テロテロしてるとこ)に超速英詞をいれつつ、対比として少女フレーズ(綺羅綺羅してるとこ) はこれ以上なくキラキラさせて妹紅妹紅させてるとこがいいね。何を言っているんだ俺は。分からない人は原曲聞いて感じてくれハートで。

ラストはエンディングっぽい60年目の東方裁判アレンジ。おお、しかもボーカル曲だ。今回ボーカル曲多いなぁ。14トラック中6曲も入ってる。大丈夫なのか…?金とか色々…

ヤバいなぁ…ヤバい。綺麗過ぎる。例えるなら『花映塚』を象徴した『東方裁判』アレンジ。普通に考えて『東方裁判』自体は『花映塚』を包括していないから、このアレンジの仕方は凄い。これは最後に素晴らしい曲が来た。この一曲だけで三日間飯が食えるマジで。

いやぁ…貯めに貯めた甲斐があった。これは良いアルバムでした。本当。流石としか。
posted by Pin-key at 07:26| Comment(1) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと

080602_0559~0001.jpg昨日はね、久々に寝てましたよ。一日中。
最近は一日4時間睡眠がデフォだったんで疲れがとれたというかなんというか休日の予定がパァでしたよこの野郎。

さて気を取り直してこんな早朝からCDれびゅーな訳です。
因みに以前使っていたワイヤレスオーディオをこの部屋に実装したのでこんな時間でも気兼ね無しに音楽が聴けて喜ばしい。
でも早くIPODに入れたい…外で聞けなきゃ意味がない。

さて、お待たせしました。
C-CLAYS『幻想天舞』です。
まずジャケットがやべぇ。裏もやべぇ

今回は速攻一曲目からボーカル曲が。もう歌しかのアレンジ。切ないな。二曲目は東方妖々夢アレンジか…これもボーカルアレンジ。中々いい。というかC-CLAYSはやっぱりバランスが良い。そして特に音の雰囲気に対してのクオリティが高い。サンホリのようにテンションに直接作用するリズムとは違い、あたかも其処に物語が存在するように音を作る、そんなイメージのサークルだ。
一言でいえばクラシックとギターサウンドとトランスを一つのアルバムに凝縮するとこんな作品になる。みたいな感じ。

一つのアルバムでそれぞれの楽曲に対し、多様な可能性を見出していくのは凄いと思う。まさに東方の『多様性』をアルバムで表してくれていると思う。そしてその『多様性』を『アルバムテーマ』と『C-CLAYSとしての個性』でちゃんと括っているのが良い。それがあるからこそ色々な手法を用いていても只のオムニバスCDにはならないのだと思う。

このCDの俺的お楽しみはtr.9のヒロシゲアレンジとtr.11ネイティブアレンジ、tr.13の月までアレンジなんだが…さてどうなるのかなぁ。

というか文字数が足りないっぽいのでれびゅーを二回に分けてしまうかもしれない。

tr.5 運命のダークサイドアレンジ

格好良い!サビが英詞!
何だろう?ジャンルは…DJ?よくわかんないけど、ダンス系なリズムなんだけど歌詞が暗く激しい感じ。こんなダークサイドアレンジもあるんだなぁ。C-CLAYSっぽいなぁ…レトロジックなとことか

posted by Pin-key at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | fuN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。