2008年07月01日

缶詰に対するロマンについてひたすら妄想とそれを正誤判定するための調査と分からないことの検索とかをぐーぐるで行ってたら今現在こんな結論に落ち着いた

『アボリジニに戦争文化が無いのは農耕文明の流入が無かったからである』

農耕文明がないから貧富の差がない。貧富の差がないから確執がなく戦がない。戦がないから国家の概念が無い。そして国家の概念がないからアボリジニには文字という文化が存在しないのである。

…なんでスパムミートからこうなる??

えっと、ちなみにアボリジニの前には南極大陸の事を調べていたんだっけ…シロナガスクジラすげぇなあこの広い地球上を果ては南極から北極まで、世界の果てまで地球の海全部を100年以上旅をしてるのか…それもたった一匹ぽっちで…とか感動してたような…

なんでだっけ…?思い出せ…

孤立、外洋、分割の利便性…
鉄屑、ゴミ問題、レトルトパック材料は石油、古代生物の死骸
缶も環境破壊…違うな…
世界にたった独りぽっち…あ?
移動?
南極探検隊?おお繋がった!

あれだ。

スパムミート↓
缶詰↓
存在意義↓
予想↓
孤島生活↓
スパムメールの原意↓
各国のレーション↓
アメリカのレーション↓
軍用チョコレート↓
南極探検隊も使用↓
何故南極には生物が希少なのか?↓
何故人間が居ないのか?↓
アラスカ、グリーンランドとの比較↓
孤立無縁の島だから?↓
孤立無縁の島は世界そのものだなぁ↓
つうか南極には土がない。土がないから農耕できない。人餓死↓
でもまぁオーストラリア人は南極に渡らなかった?↓
さっき孤立の土地は世界そのものとか考えたけど、ならば彼らにとっては大地こそが世界の果て?↓
やべぇ関係ねえけど絵本『氷の女王』よく考えると面白ぇなw↓
話を戻して彼らの歴史は?彼らの神話は?↓
歴史とは文字があって初めて成り立つものとKね先生がいってた↓
なら彼らの文明は歴史の中に存在せずに文化の中のみに形を変えつつ生きていただけなのだろう↓
だから何だよ。ってか温暖気候から寒冷気候に一気に渡れるわけねーじゃん?
三万年前から存在していた狩猟採取文明はまるで時が止まったようで↓
ならばなにがこの世界全ての始まりだった?↓
アボリジニの世界は戦などない共産社会、ゆえにイギリス人入ってきて90%死亡。戦えなかった。↓
因みに酒文化がないアボリジニはアルコール耐性ゼロ

栽培が無い文明に飲酒の文化は無い←(今ここ
posted by Pin-key at 05:13| Comment(2) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

缶詰に対するroman

記事タイトルと全く関係neeけど
丸ぼうろマジumeeeeeeeeee

※煙草の銘柄ではありません

調べてみると素朴な味とか懐かしい味とかなんとかそんな古めかしい常套句の感想しかなかったんですが、そんな単語では丸ぼうろの真価は語れないと思いますよ?そう、俺的に丸ぼうろの味を言葉にするならば

『カステラの耳味+カニパンのふんわり』

だね。なにこのいいとこ取り、ヤベエ
つうかこれ、九州の銘菓らしいですね
俺が買ったのは100円のでしたけど。
何か、鈴カステラより甘くなくて歯ごたえがあっていい感じ。そんなにスポンジ状じゃないから(ぬれせんに近い感じ?)お茶にもジュースにも合う。多分酒にも合う。スゲエ
きっと数十年後、俺が家を持った暁には卓袱台の上の菓子盆には『丸ぼうろ』が乗ることでしょう。

俺が同人家業に手を出した時の差し入れは『丸ぼうろ』で。お菓子にもご飯にもなる『丸ぼうろ』で。そう考えると蜂蜜ってマジ偉大。

あと、これはタイトルと関係あるんですが、缶詰ってromanありますよね。
さっき丸ぼうろ買ったスーパーで三十分位缶詰コーナーの前でずっと缶詰見ながら考えごとしていました。デザイン、用途、存在意義、機能。特に用途と存在意義について多大なるromanがあると思ったり。何故あんなに高いのかとか、どうしてこんなに山積みなのかとか、こんなのを買う人はやっぱり居るんだろうけどどんな人なのかとか関税の関係とかメリットとか使い勝手とか他の食品群との違いとか比べてみると妄想がとまりません。夢が詰まってるね。ちなみにその夢のきっかけとなったのが『スパムミート(厚切りハム)/一缶600円』だったりするんですが、生肉関係を缶詰にするってよく考えればそれだけでroman溢れるな…

妄想する際に、日本の土地柄だけで妄想してはいけないです。缶詰というものは輸出入可能なものであるのですから(そもそもスパムミート自体が輸入品)、外国の場合とか外国の食文化のことも考えて妄想しなければならないです。皆どうして缶詰sugeeeかもと思わないんだろう。分かりづらいなら『酒屋』で酒について妄想してみればいいと思う。デザイン、存在意義、(酒瓶の)機能という面に於いてそれは缶詰とよく似た妄想が出来るからである。あと勿論保存がきくから。
同じ場所に何年も存在する事が出来て何年もその場所に存在していたかもしれないロマンを考えてみれば良いと思うよ
posted by Pin-key at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

私は悟った

私にとって

基準となる零地点である現実とは

この世界ではなく闇の事であり

瞼を閉じたその闇こそが

私の最も落ち着く原初なのだと


空が明るいのに違和感を感じる

真っ暗な部屋で寝そべって初めて

此処こそ現実なのだと思えるのだ

人や社会やそれらが除外され初めて

自分は自分の基準に会えるのだ

落ち着けるのだ


嗚呼ねがわくば

真綿の敷かれた大きな箱がほしい

その中で眠り、忘れ去られよう

時間を忘れ、時間に忘れ去られよう

一人世界からズレて

別の世界へ渡ろう


物置の中眠る掛け軸は素晴らしく幸福だ


posted by Pin-key at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

その2

080602_0650~0001.jpg『幻想天舞』のレビュー続きです。
画像はジャケ裏。東方に逢う以前から植田さんの絵が好きだった自分には植田さんが描いたアリスというのはもうね、筆舌に尽くしがたいというか何というか。というか植田氏も結構塗りが変わってきたように思えます。まず塗りが厚くなった。そして光のレイヤーをいれるようになった。以前は単色のイメージがあったんですがね。パステル調の淡い色合いはそのままに、より強い塗りになった気がします。
隣のは今回の例大限定特典であるポスターです。ジャケ絵とは違う絵柄の文と椛の二枚組ポスター。わざわざ俺の分まで買ってきてくれたT先輩に心からの感謝を。

tr.9 ヒロシゲアレンジは和風な感じでした。ううむ…tr.11のネイティブフェイスのアレンジとtr.12少女綺想アレンジの衝撃が強すぎてそれ以上の感想が…多分初聴だからだろうけど。

ネイティブフェイスのボーカルアレンジは、いきなり盛り上がるのがやばい。これも英詞から始まる。うん、なかなか。トランス風かな?やっぱり一切の違和感、バランスの悪さがないところがC-CLAYSのクオリティの高さの現れなんじゃないかと思う。歌い手にパワーがあるから、ケロちゃんっぽくないけどね。最初からそれに主点を置いてないだろうからそれは気にならないところです。

少女綺想アレンジの方はトランスだったね、イントロのフレーズがいい感じ。原版を補完、強化しつつスピードを上げたって風かな。綺想フレーズ(ピコピコしてるアレ)が損なわれていないのがいい。

tr.13不死の煙アレンジ。あそこの発狂フレーズ(テロテロしてるとこ)に超速英詞をいれつつ、対比として少女フレーズ(綺羅綺羅してるとこ) はこれ以上なくキラキラさせて妹紅妹紅させてるとこがいいね。何を言っているんだ俺は。分からない人は原曲聞いて感じてくれハートで。

ラストはエンディングっぽい60年目の東方裁判アレンジ。おお、しかもボーカル曲だ。今回ボーカル曲多いなぁ。14トラック中6曲も入ってる。大丈夫なのか…?金とか色々…

ヤバいなぁ…ヤバい。綺麗過ぎる。例えるなら『花映塚』を象徴した『東方裁判』アレンジ。普通に考えて『東方裁判』自体は『花映塚』を包括していないから、このアレンジの仕方は凄い。これは最後に素晴らしい曲が来た。この一曲だけで三日間飯が食えるマジで。

いやぁ…貯めに貯めた甲斐があった。これは良いアルバムでした。本当。流石としか。
posted by Pin-key at 07:26| Comment(1) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

世界の壁

は対話によって少しだけ扉が開く場合もあると言うことが、今日ちょっぴり分かりました。
あと人によっては結論を後回しにした方がいい場合と悪い場合が自分の為になるということも多大に分かりました。

とりあえず以下自分的メモ。

オリジナルは全ての完成型。
カタカナ語は悪魔。
林檎は赤い。青林檎は林檎。
りもびりぜーしょん→再構築
車は買うか改造するか?
赤を青と白に混ぜる。
衝動の積み重ねで何かできる場合。
りみっくす→???
共有しているが故の相互性。
飯は食事時に食べるけど、
パスタはおやつに入らない。
タグ:語学 けーねえかきうた
exciteは逆立ちすると語意的にexcite
熟語sgeeeeeeeeeeeeeeeee
それはお任せします。
それはお任せします(ボケなので二回言いました)
ニワトリかー!(上手い例えツッコミ)
神主曰く「幻想郷は全てを受け入れる」


exciteして相手の意見と意図を正しく汲み取れなくなるのは相手に対して失礼な上自分の目的と題目の趣旨さえ見失ってしまうようになるので愚かしいと感じた反省したいと思った。

昨日は早く寝たのでれびゅーが書けなかった。なのに授業中寝てしまった(短時間だったが)。明日が怖いので新作れびゅーはまた今度にしたいかもしれない。土曜日仕事の勤労精神豊富なみんなは俺を含めてとてもお疲れ様である。がんばろう。
posted by Pin-key at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

言いたい事はあんまりない

とても考えさせられる良い日記を久々に読んでしまっていてもたってもいられなくなった自分はこんな時間に携帯を打ちまくってみるよ!いるよ!

とはいっても、自分には言いたいことはそれ程無い訳なんですが(え

自分の同僚とも、何の因果か本日の夕方その件のお話をしておりました。
某ブログを書いていらっしゃる某方が仰っている事とは別口の情報や知識でしたが、その同僚のお話もまた、自分にとっては価値のあるものでした

曰く、危機感
曰く、不自由
曰く、不条理
曰く、不信感
曰く、喪失感

同僚の口から聞こえた数ある感情と意見の中で最も大きかったものが「憤り」のようなものでした。こう、自分でもうまく説明出来ないのですが、そんな感じでした

結論からいえば、自分には今回の件は良く分かりません。というより、大体の事は解るのですが、特に現状では感慨や意見は湧きません。
なので本当に言いたいことは無いのです。"現状では"

何故ならば、自分も、「性犯罪を無くそうとするならば、情報を完全に絶つ事こそが一番の方法だ」とヲタクながらに主張して止まない人間だからです


(いや某方凄いですね。自分は此処まで書いてもう疲れました文字打つことに嫌気がさしてます。考えを整合性を以て考え整理して順序よく並べて分かって貰うために書く努力という事の難しいこと!)


さて、えーと。そう言う訳なので自分は法案を通そうとしている方々の意見は正しいと思っているので、彼らの正義に反論する事なんて出来ません。先程も書きました通り"現状では"

ええ"現状では"なのです。自分が問題にしたいのは現状ではそうだと言う事なのです。
理論を議論するのは全く自由ですし私はその理論が正しいと思っています。ただ「理論を実践する」事に対してなら、自分は納得がいかない!と叫びましょう

何といいますか…正義と正義、主張と主張のぶつかり合いというのは不毛だというのが私の認識です。彼らには彼らの正義があって、それを"間違っている"と糺す事は出来ないと思っています。それは思想と信心の問題だからです。

しかし「法案の有効性」を「現実世界での数値」で判断するのならば、これは確実に批判できる。データとは確実なものであるからです。改ざんされない限りは

そういった意味で、法案の施行の段階で、きちんと"出来得ない"と言うことを認識させられれば、こんな有り得ない可笑しな話は消えて然りと思うのです。
posted by Pin-key at 02:23| Comment(3) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

此岸の境界〜under north&blue forest


※以下は妄想アルバムです
 タイトル下は元ネタ曲です


@introduction〜SIRATORI-12
 ヒロシゲ36号〜neo super express

A妖々夢〜white and black world
 妖々夢〜snow or cherry petal

Bかっぱの湯〜Hot spring of old
 芥川竜之介の河童〜candid friend

C彼岸紀行〜seaside view
 彼岸帰航〜riverside view

D漆器みたいに朱い夕暮れ
 ほおずきみたいに紅い魂

E東の果ての鬼ヶ島〜missing frontier
 御伽の国の鬼ヶ島〜missing power

Fネイティブフェスタ〜NatiVe feasT
 ネイティブフェイス

G要塞の山〜youyou bakko
 妖怪の山〜mysterious mountain

Hシラトリ16号〜NANOHANA-BATAKE
 今昔幻想郷〜flower land

EXTRA
I原創機関〜atomic energy
 幻想機械〜phantom factory

J東の外れの恐れの御山
 妖怪の山〜mysterious mountain



※元ネタ曲は上海アリス幻樂団様の
 作曲したものになります。


風邪をこじらせちまったい('A`)
てかアレンジタイトルには全部
参考にしたスポットがあるんだが
全部分かる人いるのかな?
地獄温泉とかも入れたかったんだが
バランスが悪いんで没にしますた
posted by Pin-key at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

追記

そうそう、昨日思ったんだけど
あさき氏の音楽についても

最近、活字媒体をよく読んでて気付いた
んだけど、あさき氏の独特なあの歌詞は
文学だったのだ、実に文学的だったのだ

だから氏の楽曲の魅力の一つに曲自体の
物語性という一面があったのは
当然といや当然だったんだなぁーとか

文学詩の体裁で曲を作る…って
一体どんな感覚なんだろうか…
いやいつも通り勝手な妄想だけどね
posted by Pin-key at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | moU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。